トップ > 事業内容

事業内容

大興運輸倉庫株式会社は、1950年(昭和25年)に株式会社大興組(1968年に現在の社名に変更)として、一般区域貨物自動車運送及び梱包業務を主たる事業としてスタートして以来、厳しい経営環境の中でこそ真のパートナーシップが生まれ、鍛えられていくという信念の元で、お客様と共に歩んで参りました。

また、環境問題にもいち早く積極的に取り組み、1976年(昭和51年)に産業廃棄物収集運搬業許可を取得して以降、現在は許可の数を1道1都13県2政令市にまで増やし、お客様からご依頼があった種類ごとに適正に処理していただける会社まで、安全に運搬すると同時に、2000年(「平成12年」)10月には使用済み蛍光灯を提携先である野村興産株式会社イトムカ鉱業所(北海道北見市留辺蘂)まで、減容化をして運搬する為の川崎事業所(神奈川県川崎市川崎区)を開設し、さらに2013年(平成25年)2月には、使用済み電池の分離を行なう専用の機械を市内で初めて稼動させるなど、お客様から兼ねてよりご依頼のあった運搬コストの削減や有価物の回収、契約締結までの大幅な時間短縮を可能にしました。

そして、現在は有価物の回収やLED照明機器の販売等を通じて、廃棄物削減や使用電力の削減をご提案させていただく事で、再資源化と削減の側面から地球環境の保全と共に、全てのお客様により良いサービスをご提供して参ります。