トップ > 事業内容 > 廃棄物処理(蛍光灯処理)

事業内容

蛍光灯処理

蛍光灯の中には、微量の水銀が含まれています。そのまま廃棄物として埋め立ててしまうと水銀が流失し、環境汚染につながる恐れがあるため、一般廃棄物とは違って適切な処理が必要なのです。
弊社では適正に蛍光灯のリサイクルを行うため、まず自社で中間処理を行ったのち、野村興産株式会社イトムカ鉱業所への運搬を手配します。野村興産株式会社イトムカ鉱業所は、日本で唯一、水銀の回収・精製技術を持ち、製造した水銀の販路までを確立している企業ですので、安心して処理を委託することができます。

蛍光灯処理フロー

※野村興産(株)のページへリンクします

<破砕機>
蛍光灯をガラス・口金部分に分別し、ガラス部分を破砕機に入れます。

<破砕後のガラス部分>
弊社で破砕したのち、イトムカ鉱業所への運搬を手配します。

蛍光灯の種類

◎蛍光ランプ(直管、丸管)
◎コンパクト形蛍光ランプ
◎HIDランプ(高圧水銀ランプ、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプ)

受入に際してのお願い

  • ・種類や形状に応じてダンボール箱等に梱包していただきますようお願い致します。
  • ・汚れや水滴、粘性付着物などにより状態が著しく悪いものは、破砕機の故障につながる為、止むを得ず受入や処理をお断りする場合がございます。
  • ・上記に記載のないハロゲンランプや白熱電球などを排出させる場合には、事前に営業担当者まで御連絡下さい。