大興運輸倉庫株式会社

GREETING

代表挨拶
2020年 大興運輸倉庫は創業70年を迎えます。
 
大興運輸倉庫株式会社は、1950年(昭和25年) 株式会社大興組として一般区域貨物自動車運送および梱包業務を主たる事業としてスタートしました。そこから70年。様々な厳しい環境下におかれることもありました。しかし厳しい環境の中でこそ真のパートナーシップが生まれ、鍛えられていくという信念の元、時代の流れを読み感じながらお客様と共に歩んで参りました。1976年(昭和51年)にはいち早く環境問題に目を向け始め、産業廃棄物収集運搬行許可を取得し、環境事業に本格的に取り組み始めました。水銀含有物(有害物質)が再資源化されるまでの工程収集運搬から中間処理業務を担い、環境保全の架け橋となっています。新しく始まった令和の時代。今後もこれまでと変わらぬ信念、そして次世代に向けたさらなる新たな挑戦をし続けて参ります。

 

 代表取締役
片山 饒

PROFILE

会社概要

商号  大興運輸倉庫株式会社(たいこううんゆそうこかぶしきがいしゃ)
住所  〒135-0051 東京都江東区枝川2丁目7番8号
設立  1950年(昭和25年)2月
資本金  2,000万円(1999年(平成11年)3月)

取引銀行

 
 みずほ銀行新川支店
 りそな銀行田町支店
 三菱東京UFJ銀行深川支店
 三井住友銀行東京中央支店


役員

 
 代表取締役社長 片山 饒
 取締役統括部長 石原 勝次
 取締役財務部長 天野 信悟
 取締役経営本部 大庫 美樹
 取締役 長井 容子
 監査役 片山 典子


顧問弁護士


 関内法律事務所

 弁護士 平岩 敬一
 弁護士 松延 成雄
 弁護士 芝野 彰一 


加盟団体

 
 一般社団法人東京都産業資源循環協会
 一般社団法人神奈川県産業資源循環協会
 一般社団法人東京都トラック協会
 東京貨物自動車協同組合 関連会社 


関連企業

 
 株式会社ワーク【100%子会社】

   

PHILOSOPHY

企業理念


「大きな興味、大きな挑戦」

1.「安全第一」が最大の社会貢献である。
1.「安心信頼」が最大の顧客満足である。
1.「挑戦意欲」が企業価値を高める。
1.私たちは常に永続的発展と、より高い収益性・健全性をめざす。
 
  • T

    Trust

    信用・信頼
  • U

    Useful

    役立つ・有益な
  • S

    Synergy

    相乗効果

HISTORY

沿革

1950年(昭和25年)2月


資本金700,000円で小型貨物自動車運送事業として株式会社大興組を設立
 
 
 
1955年(昭和30年)5月


枝川倉庫完成
 
 
 
1966年(昭和41年)12月


東京陸運局一般区域貨物自動車運送事業免許を取得
 
 
 
1967年(昭和42年)11月


資本金2,000万円に増資
 
 
 
1968年(昭和43年)4月


東京都江東区に辰巳倉庫を完成。社名を大興運輸倉庫株式会社に変更
 
 
 
1972年(昭和47年)10月


埼玉県戸田市に大熊営業所を開設(現埼玉事業所)
 
 
 
1977年(昭和52年)11月


埼玉県産業廃棄物収集・運搬業務、積替保管業務の許可を取得
 
 
 
1978年(昭和53年)3月


東京都産業廃棄物収集・運搬業務の許可を取得
 
 
 
1982年(昭和57年)4月


東京大学環境安全研究センターに学内巡回廃液回収の常駐業務を受託
 
 
 
1984年(昭和59年)9月


野村興産株式会社、日本通運株式会社と東京都三多摩地域広域処分組合の一般廃棄物(廃乾電池等)収集運搬・処分共同企業体を設立
 
 
 
2000年(平成12年)10月


川崎事業所中間処理センターを開設(川崎市川崎区)蛍光灯中間処理業務開始
 
 
 
2001年(平成13年)12月


川崎事業所内に積替保管倉庫を開設
 
 
 
2008年(平成20年)7月


東京都港区芝浦に本社移転
 
 
 
2013年(平成25年)1月


川崎事業所中間処理センターで乾電池の分離施設を設置乾電池の中間処理業務を開始
 
 
 
2017年(平成29年)8月


木材チップ専用車両購入材燃料チップの運搬業務開始
 
 
 
2019年(令和元年)7 月


東京都江東区の枝川倉庫跡地に本社ビル完成

ACCESS

アクセス

本社
大興運輸倉庫株式会社

〒135-0051 東京都江東区枝川2丁目7番8号 大興ビル
TEL : 03-5653-0700
FAX : 03-5653-0701